【新・初心者向け警備員マニュアル・実践編14】足場組立・解体の手順その6・・・足場屋さんは警備員のことをどう呼ぶか、「おい、ガードマン!」?・・・個人的には「警備さん」の五文字で統一してほしいという願望はあります、なぜなら・・・

お待たせしました。

【新・初心者向け警備員マニュアル】の
32回目をお送りいたします。

今回は【実践編14】です。

これは、元々、今から約3年前に当ブログ
にて発表した【初心者向け警備員マニュアル・
実践編14】に基づいています。

(*元記事はコチラです。↓)

・【初心者向け警備員マニュアル・実践編14】足場組立・解体の手順その6・・・鳶さんは警備員のことをどう呼ぶか、「おい、ガードマン!」?・・・個人的には「警備さん」で統一してほしいという願望はありますね、なぜなら・・・

http://keibisan.seesaa.net/article/467228128.html

元記事から加筆修正しております。

「鳶さん」は「足場屋さん」に変更して
おります。

では、どうぞ! ↓


*********************************************

【初心者向け警備員マニュアル・
実践編14】として、今回は「足場
組立・解体の手順その6」をお送り
します。

今回は、やや、趣向を変えて、「足場屋
さんから警備員はどう呼ばれるか、それに
対して、警備員はどう対処すべきか」と
いう点について触れて参りたいと思います。

以前にも当ブログで触れましたが、
「足場屋さんは口が悪い人が多い」のは
確かです。

新人の警備員は(私も最初はそうでした
が)、その時点で結構ビビッてしまいます。

基本、警備員は「カタギ」の人が
ほとんど、というか、全員そうです。

これも、以前、当ブログのどこかで
触れましたが、カタギじゃない人は
警備員にはなれません。

警備業が始まったばかりの1960年代、
「警備業は儲かる」とばかりに暴力団が
警備業にどんどん参入してきました。

警備業の質が悪くなり、警備業を管轄
する警察が危機を感じ、一斉に暴力団を
排除しては、「暴力団は警備員にしては
いけない」ことにしたんですなあ。

だから、我々が警備員になる際にも、
書類を書いたはずです。

「暴力団関係者ではないかどうか」と
いった書類を。

ですが、足場屋さんの場合、そういう
しばりはありません。

いや、きちんとした足場屋さんならば、
あるのでしょうが、そういうところ
ばかりではありませんからね。

体力のない足場屋さんは、社員教育
する余裕もカネもありません。

中小零細の警備会社と同じです。

ですから、「来る者拒まず」で、すぐに
現場に投入する。

そして、先輩の足場屋さんからパワハラ
以上の暴言や暴力を振るわれることも
しばしばあり、定着しないというのが
実情です。

もっとも、「怒号を飛ばさない足場屋
さん」もいます。

数年前に私が常駐した大規模修繕工事の
現場がそうでした。

いわゆる「親方」というか、リーダー格の
足場屋さんは会社別に二人いましたが、
どちらもフレンドリーで、私はこれまで
にないくらい、足場屋さんといろいろな
ことを話した記憶があります。

その二人の足場屋さん、一人は私のことを
「ガードマンさん」と呼び、もう一人は
「警備さん」と常に呼んでくれました。

ちなみに、監督は「ガードマンさん」、
監督代理は「警備員さん」と・・・。

「さん」を付けてくれるだけで、いい
職場です。

「おい、ガードマン!」と呼ばれた
ことのないベテランの警備員はいない
でしょう。

ホント、今でもあるんですよ。

そういう時でも、「はい!」と言って、
笑顔で駆けつける、それが警備員の
素晴らしいところであり、ツラい
ところでもあります。

警備員のみなさんは思いませんか?

「警備員の呼び名を統一してほしい」と。

ようは、「他業種から呼ばれる警備員の
呼び名」です。

私は切に願っています。

個人的には「警備さん」で統一して
ほしいという願望はありますね。

「警備員さん」というのは「ケイビイン
さん」と七文字で、絶対に呼びづらい
はずなんですよ。

「ガードマンさん」だって、七文字。

というか、あれはテレビドラマの
「ザ・ガードマン」が人気があった
頃の名残でして、あれで、警備員と
いう職業が社会的な評価を受ける
ようになったというプラスの側面は
あれど、「ガードマン」は和製英語
でして、英語では「security guard
(セキュリティ・ガード)」です。

年配の警備員は「ガードマンという
呼び方はおかしい!」と熱弁する
人も結構います。

となると、「警備さん」は「ケイビ
さん」で五文字ですから、韻も踏み
やすく、一番呼びやすいと思うのは
私だけでしょうか。

「ガードマン!」と呼び捨てにされる
五文字と同じですし・・・。

実は、当ブログのドメイン名も
「keibisan」となっています。

「http:」の後のドメイン名ですよ。

それは、私が警備員のことを「警備
さん」と呼んでほしい願望がある
ことが反映されています。

ぜひ、そうなってほしい!

本来、元警備員が国会議員にでも
なって、立法の上で、そう呼ばれる
ようになるようになってくれれば、
間違いないのですが・・・。

法律はもちろんですが、影響力も
大事ですからね。


*********************************************


今回は以上となります。

次回もお楽しみに!



*

この記事へのコメント

*押して頂けると、励みになります! ↓


警備員ランキング

にほんブログ村 その他日記ブログ 警備員・ガードマン日記へ
にほんブログ村